いままで治らなかった症状を漢方の力で治す

いままで病院に行ってもなかなか改善しなかった症状がある、そんな方が多いです。病院にいって治らない症状は自然におさまるまで待つしかないのか?けしてそんなことはないのです。そんなときに役立つ漢方について紹介いたします。

人の体は全て必ず繋がっている

沖縄 漢方

人の身体は血液などを通して全て繋がり連動しているものです。
一つだけ隔離しているような場所はなく、一見関係ない場所に見えても患部とは別に他に悪い部分があった、それが原因だった、なんてことも起こり得ます。
そのためなかなか部分的に治療しても改善せず、何度も再発してしまう慢性的な疾患を抱えて苦しんでいる方も多い現実、これらは本当に治療が出来ずずっと薬を飲んでその場所を騙し騙しアタックする以外できないのか、という問題にあたります。
まず西洋医学の治療法がこのピンポイントでの治療法となっており、たいてい治療にはまず西洋医学を頼ることが多いです。
実際西洋医学は非常に優秀で、苦しい症状をピンポイントで取り除くという点は漢方薬の比にならないほどに優れています。
ですがこの西洋医学にも欠点はあり、慢性的な症状の場合対処療法しかできず、薬を飲まなければその症状は何度も再発してしまう、そんな弱点を持っているのです。
大体の治る期間がわかっており、尚且つその期間ウイルスを撲滅したりするのに西洋薬はこれ以上ない効果を発揮します。
また即効性のものも多いので、飲んですぐに痛みがひいたりと不快な症状がすぐになくなるため、よく効くと感じるのです。
これらの認識も間違ってはいません、しかし根本的な治療をする場合西洋医学ではやや弱い部分が目立ちます。
漢方の場合、慢性的な病気を治す、飲み続ける必要があり、効果が遅いなどのイメージが多くもたれています。
実際これらは間違っておらず、一見欠点のように見えますがこれらは漢方薬としてはメリットともいえるのです。
というのも漢方薬は根本的に体質改善を目的とした医療となっており、ピンポイントの効果ではなく身体全体のバランスを見て不調を改善していくという方法をとっています。
効き始めるまで時間がかかるなども身体全体を見てそれで治療をしていく、自己治癒力を高めたり身体の本来の血行に戻すなどの、不調を治すための準備があるので、それを経れば欲しい効果が高まっていくのです。
そのためピンポイントな療法に特化した西洋薬で耐えられないような現状の不調を緩和し、それと同時に処方された漢方でしっかり根本的な治療を行っていく、そんな治療方法も行われる場合もあります。
西洋薬だけに頼っても治せない病気はあり、それは漢方医学の出番と言えるのです。
検査などで把握でき、どこが明確に悪い、そうした部分を治すのに西洋医学は役立ち、漢方はもっとぼんやりとした不調を治す際にも効果的とされています。
これら両方に得意な治療が存在し、それをうまく使い分けることで今まで治るのをあきらめていた病気も改善することができるのです。
何度も再発してしまっていた症状などがあればなおさら漢方がおすすめ、身体の治ろうとする力を最大限に高めるお薬が漢方薬です。
気長な治療法に感じるかもしれませんが、この治療法を経て治る病気をご紹介いたします。

長年の悩みであるアトピーを治す

沖縄 漢方

アトピー性皮膚炎は西洋医学ではなかなか完治ができず、薬で騙し騙しやりすぎしている、そんな方も多い病気となっています。
皮膚炎ということで表面上に見えてしまうこの病気は見た目のコンプレックスを引き起こしてしまう上に一日中続くかゆみや痛みと戦わなければならない、そんな病気です。
命に別状がなくても不快感などが一日中、毎日つきまとうこの症状は大きな悩みとなります。
またこのアトピーは20歳以下の10人に1人が罹っているとされており、男女問わずこの症状に悩まされてる、またそうしたお子さんを持った親御さんが心労を重ねてしまう、そんなこともあります。
かゆみ、痛みは苦痛です、命に別状がないとはいえ重症ともいえるものなのです。
基本西洋医学ではかゆみを抑えるなどの方法でこのアトピーに対処していきますが、これでは根本的な治療になっていない場合もあります。
またアトピーの要因はさまざまなので、なかなかその要因にたどり着けないという点も西洋医学の視点から見ると厄介な病気なのです。
しっかり原因がわかっていれば西洋医学の出番ですが、人によって要因が違うこともあるアトピー、それではこの症状はただただ治ることを祈って過ごさなければならないのか、と不安になります。
そんなアトピーに有効なのが漢方で、漢方は根本的に体のバランスを整えて自分の本来の「治ろうとする力」を高める、そんな治療法となっています。
身体の乱れたバランスを整えることにより本来の自己治癒力が取り戻され、アトピーが治った、そんな報告もされているのです。
体質改善に役立つ漢方、それだけでは健康維持の目的のサプリメントのように感じますがこれは立派な医薬品です。
そのためこの漢方でアトピーなど、原因がいくつもあり特定しづらい症状も緩和できる、そんな役立つお薬となっています。
いままで病院に通っていても、マシにはなったがまた再発してしまった、効果がなかった、そんな悩みを持つ方は多くいらっしゃいます。
アトピーは本人にとって、周りが思うよりも深刻な悩みです、そんな深刻な悩みも漢方の力で改善出来る可能性が高いので、諦めていた方も漢方に頼るのをおすすめいたします。

辛い、悲しい更年期障害の症状にも

沖縄 漢方

家族が加齢していくにつれて、性格がきつくなっていった、どこか話しかけづらくなった、すぐに落ち込んでしまう…そんな悩みをもつご家庭も多いです。
これを一般的に更年期症状と呼び、この症状はさまざまな形で出る上に生活習慣や周りの環境によっても出方が違うものなので、西洋医学では根本的改善をはかるのは難しいものとなっています。
特に女性の方に出やすいこの症状、原因は閉経などでホルモンのバランスが崩れてしまうことにあります。
これを原因に心身ともに不調が出てしまい、また個人差が激しいのでそれが家族仲の悪化などにつながってします、そんな悪循環も起こり得るものになっています。
とても複雑にさまざまな要因が関与するので、更年期症状は治療が難しいのです。
ですが漢方薬はこうした更年期の症状にも効くものがあり、更年期障害に関しては西洋医学よりも漢方医学の方が適してる部分が多いです。
厳密には治りづらいものではあります、しかしこの更年期とうまく付き合っていくための方法を漢方薬で見出せるので、ご自身や家族の為にも漢方薬の処方を希望する、そんな方が増えています。
同じ更年期を迎えるならば少しでも快適に過ごしたい、そんな気持ちを漢方でくみ取ることができ、力になることが可能です。
心身のバランスをうまくとるために、漢方で用いられるものさしである「気」「血」「水」のうち、「気」「血」の部分に作用する漢方の処方を受けられます。
特に「気」の部分はメンタルに影響する部分なので、イライラが止まらないなどの周りにあたってしまうような症状を抑えてくれるのです。
「気」の部分で応用できるのが自律神経失調症の治療、漢方薬は気持ちのバランスまで整える効果がある、心と体両方に優しい、女性にとって特に嬉しい要素が沢山詰まったお薬となっています。